2013年04月16日

[紙]「寝すぎて眠い」は理論的にはありえない!その理由は?

suimin.jpg

どうも、紙袋です。

先日、朝起きたら朝じゃありませんでした。
でも眠い。なんでだろうと調べてみましたよ。

レム睡眠とノンレム睡眠


よく聴きますね。レム睡眠が夢を見るんだーとか。

この2つの睡眠状態はおよそ90分毎に入れ替わっています。
レム睡眠は眠りが浅い状態、ノンレム睡眠は眠りが深い状態。

つまり、眠りが深いノンレム睡眠時に起きるとまだ眠いという状態になります。

健康に良い睡眠時間は7時間


睡眠時間をたっぷりとりたい時でも、一番健康に良いのは7時間程度といわれています。

90分周期の事を考えたら7時間半ですね。
早い人は6時間、長い人は9時間となります。


睡眠の質にこだわる


電気をつけたまま寝たり、自分にあったまくらでなかったり。
そういった場合は適切な睡眠時間をとっていても疲れがとれなかったり、眠かったりするみたいです。

紙袋は「寝ればOK」とばかり思っていましたが、そういうわけでもないのですね。


体温調整に気を使う



人は体温が低いとなかなか起きられないそうです。
朝に布団から出たくないってことはよくあります。
しかし、朝に起きたい!

人間の体温は朝5時〜6時が最低になるみたいです・・・っておい!
6時に起きたい人にとってこれは悲報。どうすればいいんだ。


靴下をはいて寝るとか、布団に頼らず、着るものを多くして寝るとか。
あとは起きる時間30分前に暖房をタイマーで設定しておくとかうまく温度を調整するしかないですね。



まとめ



適切な睡眠をとるためには
・自分の睡眠時間を見つける
・快適な睡眠をとれる工夫をする
・起きる時間に体温をあげる工夫をする


こんな感じですかね。

紙袋がいつも起き抜けに眠いのはこれが原因か・・・
ちょっと見直してみます。



それでは。
posted by 紙袋 at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。