2013年03月19日

[紙]GoogleReader引越祭で人気絶頂「feedly」徹底レビュー。

google_reader-280x280.jpeg

どうも、紙袋です。

GoogleReaderのサービス停止発表があってから、利用者はいろいろなサービスに引越を開始しています。
その中で現在圧倒的な人気を誇っているRSSリーダー「feedly」を早速利用してみました。


feedly00.jpg


では早速導入してみます。



サイトにアクセスすると、トップページはこんな感じです。
feedly01.jpg

get feedly for chrome の文字があったので、さっそくゲットしてみます。
app store と googleplay もあるので、スマホでも問題なく使用できるようですね。胸熱。


feedly02.jpg

追加、と。


緑色の画面になりました。
Connect to googlereaderの文字が見えるので、クリックします。

feedly03.jpg


アクセス許可します。
feedly04.jpg



というように、導入は非常に簡単でした。
GoogleReaderとの同期もすぐに完了。
無料だし、これは期待できます。




feedly05.jpg
これがトップ画面。
GoogleReaderはタイトルがダーッっと表示される形でしたが、feedlyはひとつずつサムネ付きで表示されるようです。
大量の情報を素早く処理するには向いてない気がしますね。


feedly06.jpg
左上の「Today」を見る感じ、日付ごとに区切られているんでしょうか。



記事をクリックしてみました。
feedly07.jpg

各SNSへの投稿はもちろん、記事にタグをつけることができます。
記事の検索時に役立つかもしれません。
EvernoteやPocketに投げ入れるボタンも設置されています。
ゴミ箱も。
いろいろと便利そうです。




しばらく使っていて、やはりどうにか設定でまとめて表示できないか試行錯誤した結果、できました

左上の設定ボタンをクリックします。
feedly08.jpg



設定メニューが表示されるので、「all」を選択します。
そうすると、こうなります。
feedly09.jpg


これで日付関係なくすべて表示されますね。



設定にはお気に入りへ追加、Webサイトの追加、インデックス表示、表示履歴やカラー変更などのメニューがありました。
基本英語ですが、難しい英語はあまりないと思います。

feedly10.jpg


設定メニューの一番下に「PREFERENCES」があり、クリックすると詳細設定ができます。
feedly11.jpg


feedly12.jpg


細かい設定が多いので、よく使う設定だけここに書いておきます。

Start Page
スタートページの設定です。
本日(today)、すべて(all)、webサイト毎(index)が選べます。

Header font
サイトで使用する文字フォントの変更です。
3種類あり、それぞれクリックするとすぐに変わるので、試して自分が好きなものを選びます。

Optimizer
自動最適化設定。
yesにすると30分毎に更新します。



他にも、サイドエリアの設定や、拡張設定なんかもあります。
いろいろと試してみましょう。





まとめて記事をチェックできないのかと最初は不安でしたが、設定で解決。
細かい設定ができ、GoogleReeaderに代わるRSSリーダーとして人気が高いのもうなずけます。


GoogleReaderの終了で50万人を超える人がなだれ込んできた結果、こんなことを日々実施しているようです。
・帯域を10倍にして新サーバを投入
・新しいユーザの意見を集める
・新機能を毎週追加





そしてこのfeedly、なんと全文表示のプレビューが使用できます。
記事のチェック中に「この記事読みたい!」になった時はリンクをクリックして新しい画面で表示させると思います。
しかし、このプレビューを使用すれば素早くリンク先をチェックできるのです。

プレビュー画面
feedly13.jpg



使い方は、記事を読んでいる時に「Shift+v」
プレビュー終了するにはプレビュー画面の右上にある「close」をクリックするか「esc」を押します。





同じ様にショートカットキーが多数用意されており、GoogleReaderにもひけはとりません。

feedly14.jpg
ここをクリックすると、ショートカットキーリストが表示されます。


feedly15.jpg

☆ショートカットキーリスト
gm:今日の記事へ移動
ga:すべての記事へ移動
gg:記事検索画面
r:更新
j:一つ下の記事を表示
k:一つ上の記事を表示
n:一つ下の記事を選択
p:一つ上の記事を選択
o:選択している記事を表示
v:別タグでリンク先を開く
m:未読にする
x:記事を非表示にする
s:お気に入りに追加
e:記事にメッセージをつけてメールで送付する
t:ツイッターに投稿する



このようなショートカットキーが用意されております。
記事表示に関してはほとんどGoogleReaderと同じですね。
覚える必要がなくて助かります。





パッと使ってみただけでも多くの機能が発見できました。

もっといろいろ機能があるかもしれません。
しばらく使ってみようと思います。




GoogleReaderのサービス停止まで3ヶ月半。
まだ時間があるとはいえ、いろいろと試しておくと一番自分にあったRSSリーダーが見つかると思います。

もしくは、3ヶ月という時間の中でより便利なリーダーが登場するかもしれません。
RSS市場を独占するチャンスですからね。


というわけで、今回はRSSリーダー「feedly」を紹介しました。


こちらで利用することができます。
feedly


快適なインターネットライフを。
それでは。
posted by 紙袋 at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。